なんでアフリカの女子供が飢えてるかって、むこうは男がまずたらふく食う。
余ったら女(母)→子の順。
だから、父母子が植えずに暮らして行ける量の援助だと、
父-満腹 母-腹八分目 子-飢餓状態 になる。
子供を飢餓状態から救うには、父母が食べきれない量の食料を援助する必要がある。

けどそうすると、いまでさえタダメシもらって、
アピール程度に井戸掘って麦植えてる連中なんか絶対に働かなくなる。

だって1穴に5粒種を蒔けと言ってるのに、再度状況を見に行くと穴すら開けずにばらまいてる。
知能が無いんじゃない。たんに働くのが嫌なだけ。
あげく種もみまで食べておかわり要求。

食料系を補おうとすると種もみまで食うから、こんどは外貨獲得のためのバイオエタノールの原料になる植物を植えさせた。
その植物は現地でも生息していて、食べられないからだれも見向きもしなかったんだけどバイオエタノールの燃料になる。
ものすごい生命力だからどこでもいくらでも育つ。

しかし、彼らは「そんなの食べられない」といって嘲笑し放棄、
支援者を信じてその作物を作っている数少ない働き者の畑に入り、
「こんなもん育てても食えないよバーカ」と言って引っこ抜いてしまう。

文化として、寝たいときに寝る、先がわからない原始時代の生活を望んでいるんだから
はっきり言って、文明国の人間の感性で「かわいそう」とか言って支援しても無駄。


“ワールドカップで日本人サポーターがゴミ拾って、隅田川の花火大会ではゴミの山になってるの、道楽にワールドカップ遠征費用を出せるようなお金持ち層と、花火大会でワンチャンセックス狙ってる層の文化的レベルの差とかそういうこと?”
“23 エラ通信 :2014/07/27(日)10:12:26 ID:fPnPkvprv
近畿大の学長が篭絡されて、
無理やりに韓国の留学生受け入れさせて、
ソイツが研究所から基礎資料持ち出して、
特許登録したため、
こういう事態になっていると聞いた。”
韓国で黒マグロの養殖が本格化、海洋水産部「純粋な国産技術」
http://alfalfalfa.com/archives/7420700.html (via ashzashwash)
日本は70年ほど軍事力を行使をする機会がありませんでした。

世界史上でも例外的に幸福な時期だったと言えるでしょう。

しかしそのおかげで、軍事や地政学が軽視されるようになりました。

「援助や話し合いであらゆる問題が解決できる」と勘違いする人が増えたのです。

*****************************************
*****************************************

学生のうちはそういった勘違いも仕方がないと思います。

しかし社会に出ると、我々は自分の権利が暴力によって守られていることを学びます。

あなたが襲われないのは、「警察」という公的暴力が守ってくれているから。

貸したカネが戻って来るのは、最後は「裁判所による強制執行」という公的暴力が使えるから。

日本の領土が奪われないのは、自衛隊と米軍という暴力装置が守ってくれているから。

自由主義も資本主義も、暴力というプラットフォームを公正適切に運用することによって維持されているのです。

この現状認識がなければ、問題解決がきわめて難しくなります。

*****************************************

ところが日本の場合、良い大人が「相手の言いなりで援助をすれば身を守れる」という幻想にとらわれて自分の国や会社を危険にさらしているのです。

他国に資金や技術を援助したあげく、脅され領土を奪われそうになっている政治家や官僚。

のこのこ敵国に工場を作って市場を奪われ、会社を潰して身ぐるみ剥がされた経営者。

マスコミは事実を隠し、「近隣諸国と仲良く」「話し合いで解決を」と寝言を繰り返すだけ。

行き過ぎた平和主義が逆に戦争を招きよせているという現実に、多くの人が危機感を覚えています。

*****************************************

これにはしかたがない部分があります。

戦後の日本は、武力による紛争解決を放棄しました。

自分の意志で軍事力を行使できないのに、その場合を前提に考えを進めるのはムダに思えます。。

カネがすべての世の中になり、軍事学も地政学も忘れ去られた学問となりました。

戦場から遠ざかったおかげで、非現実的な話ばかりする「識者」が跋扈するようになりました。

「ハンマーを持つ人には、すべてが釘に見える」ように、軍事力の強い国は軍事力で問題を解決しようとします。

日本は逆に、ハンマーを捨てたおかげで釘が見えなくなってしまったのです。

*****************************************
*****************************************

通常の国家は、アメとムチを併用して自国の意見を通します。

アメ = 援助 = 外務省(米国は国務省)

ムチ = 軍事力= 軍隊 (米国は国防省)

交渉も最初はソフトですが、次第にグレードアップして行きます。

説得 → 取引 → 警告 → 恫喝 → 軍事力行使 

こういったステップが見えているからこそ、話し合いの段階でお互いどこかで妥協します。

国家間の交渉はほぼすべて、軍事力を背景とした利権の奪い合いなのです。

*****************************************

日本の場合は、ムチを使うことができません。

するとアメ=援助だけが交渉のカードになります。

ところが「援助による安全保障」の問題点は「いくらやっても終わりがない」ことです。

政治家は日本国民の財産や技術を他国にタダで与え、日本企業を窮地に陥らせます。

会社がバタバタ倒れ自殺者が激増しても、増税して他国のために貢ぎ続けます。

それをやめたくても、日本国内でキックバックをもらっている人々がやめさせてくれません。

売国利権が大きなビジネスとしてすっかり出来上がっているのです。

*****************************************
*****************************************

悪意のある相手にしてみれば、これほどのカモはいないでしょう。

いいがかりをつけて怒鳴ってやれば、いくらでも援助を引き出せるからです。

条約も契約も、すべて後から反故にできる。

ゴネるようなら「戦争するか?」と脅せば良い。

面倒な交渉や取引も必要ありません。

それを見ていた他国も「日本人相手なら脅せばよい」と学習し、様々な言いがかりをつけてくるようになりました。

*****************************************

この悪循環から抜ける方法はあるのでしょうか?

第一に、「悪意のある相手に援助することは危険」と知ることです。

第二に、「言いなりになればそのうち終わる」という幻想を捨てることです。

*****************************************

ゆすりたかりが一度で終わるはずがありません。

たかり屋に一度カネを払えば、次はもっとすごいネタを作り出して大金をつかみ取ろうとします。

尖閣を守らなければ、沖ノ鳥島や南鳥島など多くの島が一気に取られます。

その次は沖縄、九州と続きます。

「寸土を失うものは全土を失う」のです。

*****************************************
*****************************************

戦後の日本人は「軍事力抜き」という特殊環境の中で、独特の思考回路を発達させました。

それは「援助や話し合いであらゆる問題が解決できる」という大きな勘違いです。

しかし現実世界では、敵意をカネで消し去ることはできません。

いまこそマキャベリの言葉を噛みしめて、敵国への援助をやめるべきでしょう。

*****************************************

「次の二つのことは、絶対に軽視してはならない。 

第一は、忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと思ってはならない。 
 
第二は、報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると思ってはいけない。」

ニコロ・マキャベリ
“みてるわよ、あなたがしていること。あのね、神様じゃないわよ。もうひとりのあなたがよ。もうひとりのあなたがあなたをみているのよ。見放されないようにね。嫌われないようにね。”
675:おさかなくわえた名無しさん:2013/03/06(水) 18:40:44.35 ID:FHd2aG+N
優しい人が怒ると本性現したと言い出す人は何も見ていない
それは本性というより性格の一部なだけであり
普段とのギャップにより余計に悪く怖く見えるだけ

普段優しい人が怒るのは基本的に怒らせた相手が怒らせるような糞な事をしているから
いい加減にしろよと怒られただけ。
そして優しい人なだけに普段から優しい言い方でいい加減にしろよと
伝えていたはずなのにも関わらず
いきなりキレたと言い出すクズもいるw
性格が悪すぎると悪すぎる自分を正当化させる為に優しい人を陥れようとするため
本性が~裏がある~だのを言いたがる

結論としては優しい人はやはり優しいということ
DQNはたまに良いことしてもDQNということにかわりない



677:おさかなくわえた名無しさん:2013/03/06(水) 18:44:44.08 ID:WguBa045
»675
完全に同意。隠れてる一部が見えたからといって、
今まで見えていた部分がなくなっちゃうわけでもないし、
人間にはいろんな面がある、っていう多面性を理解しない人が「本性」などと騒ぎ出す。

89 : 餌(大阪府):2010/02/27(土) 23:56:18.74 ID:3Y5SR8WO
移民反対してるアホは、どうやって莫大な社会保障費を払うのか教えてくれ
国家破綻以外の道はないぞ

113 : アルコールランプ(福岡県):2010/02/27(土) 23:59:33.96 ID:0zAiCSLt
»89 
移民を推進したヨーロッパ各国は

社会保障費の増大と、治安の悪化が大問題になってるだろ

なんで現実見れないんだ?


115 : 釜(愛知県):2010/02/27(土) 23:59:48.46 ID:Qxa3KKQs
»89 
受け入れた移民の社会保障費は誰が払うんだよ

日本エネルギー経済研究所は24日、国内の原発32基が平成27年度に再稼働した場合、全停止時に比べ化石燃料輸入総額が2兆5千億円減少し、国内総生産(GDP)を0・26%押し上げる効果があるとの試算を発表した。

 火力発電の稼働減により、二酸化炭素(CO2)排出量も9800万トン減少するという。再稼働に向け現在19基が審査申請中だが、さらに27年度末までに追加の審査申請があり、32基が再稼働すると仮定した。

 32基が再稼働した場合、27年度の発電コストは、全停止時に比べ1キロワット時あたり2・8円低下し、液化天然ガス(LNG)の輸入量も約2千万トン減少するとした。

“『差別』という言葉を使えば、『日本人を黙らせることができる』と思っている人達がいます。
でも、その人達は、日本人以外の民族が持つ『民族の誇り』を、日本人が持つことを禁じますw
そんな瞞し(まやかし)に騙されないで下さい。
日本人には日本人として生き、主張する権利がある。”
“鳩山氏について、本人を直接知るわけじゃないんですがw
感じるのは歪んだ強烈な承認欲求というか名誉欲ですね。
別にそれ自体は誰でも持ってるものだと思います。
悠々自適のお年寄りが、仲間を欲してサークルに入るとか
ボランティアやシルバー人材で活動するのも、
誰かあるいは社会に認められたい、自分を認識されたい、感謝されたい
という動機があります。
モテたい愛されたい、仕事の達成感ややり甲斐が欲しい、
優秀だ、素晴らしい人だ、イケメンだ美人だと持て囃されたい、
貴方がいて良かったありがとうと言われると嬉しい、
これら当たり前の感情です。
災害救助犬だって持ってます。遺体しか見つけられないとしょんぼり元気をなくしてしまう、という話がありますよね。

政治家になるような人はおしなべてこれが、名誉欲や権勢欲につながります。
求められたい、賞賛されたい、ペコペコされたい、
先生のお陰です郷土の偉人ですと讃えられたい。
銅像や記念館なんて嬉ションものです。
よく言えば、地域や国民の皆様のお役に立ちたい、お役に立って感謝されたい。
これもまあ、当たり前の感情です。
実績以上に讃えられたい人種が、横暴な振る舞いに出るのも、民間と同じです。

まして鳩山氏の場合、資産家の坊ちゃんです。東大出です。ついには首相にまで上り詰めました。
満たされたいという欲求ラインは常人よりはるかに高いでしょう。
その手腕に世界が驚き、偉人だ恩人だと絶賛されたいのです。

そして、こんなに頑張ってるんだから褒めてよ!とアピールもエスカレートしています。

怖いのは、それを利用して持ち上げる勢力もですが、
「こんなに優秀で皆のために頑張ってる自分を認めないなんて、
なんと愚かで許し難い生き物なのだろう」
と、愚民どもへの逆恨みに転化し熟成させて行く事です。”
“隣国のロケットが失敗して喜びたい気持ちはわからんでもないが、H-IIAロケット飛ばしたのも、はやぶさ帰還させたのも、イカロスの羽根を広げたのも、お前らじゃぁない。色んな職場の誇り高きプロ達だ。他人の成功にのっかって自意識刺激してる暇あったら、自分自身の人生の課題に真摯に取り組め。”
Twitter / noiehoie (via rpm99) (via overspiltmilk) (via plasticdreams) (via yaruo) (via radioya) (via fukumatsu) (via device302) (via konishiroku) (via yaruolikes) (via yaruo)
“国谷『解釈改憲で戦争になりそうなの…』
菅『え?集団的自衛権行使の要件わかってる?』
国谷『昨日までは平和憲法があったのに。なんでいきなり戦争になっちゃうんだろう。』
菅『国際紛争って怖いよね。で、集団的自衛権行使の要件知ってる?』
国谷『日本は平和だったから、戦争になると困るのに』
菅『それは困ったね。でどう?集団的自衛権行使の要件わかってる?』
国谷『前の民主党政権ならこんな事無かったのに。政権交代なんていしなきゃよかった。』
菅『…で、集団的自衛権行使の要件知ってるの?』
国谷『戦争なっちゃうと子どもたちが死ぬからこのままじゃ困る。』
菅『そうだね。で、集団的自衛権行使の要件わかってる?』
国谷『え?ごめんよく聞こえなかった』
菅『あ、えーと、、集団的自衛権行使の要件は?』
国谷『何で?』
菅『あ、えーと、どういうとき他国と戦闘状態になるか知りたいんでしょ?』
国谷『何の?』
菅『え?』
国谷『ん?』
菅『どういうときに戦闘になるか知りたいなら集団的自衛権行使の要件を教えてあげるよ?』
国谷『別にいいけど。でも戦争になっちゃったら要件とか意味ないよね?』
菅『いや、だから。どういうとき他国と戦闘状態になるかは、集団的自衛権行使の要件でわかるよね?』
国谷『もしかしてちょっと怒ってる?』
菅『いや別に怒ってはないけど?』
国谷『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
菅『だから怒ってないです』
国谷『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
菅『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
国谷『何が大丈夫なの?』
菅『集団的自衛権の話だったよね?』
国谷『解釈改憲でしょ?』
菅『ああそうだった』
国谷『もう、本当に男の人って人の話聞かないんだから…。で、解釈改憲で国民がみんな不安に
 思ってるんだけど、今後の国会審議でどうやって払拭するのか7秒で説明して?』
菅『はい。まず、現在の国際情勢ですね。日本の近海でも非常に危険度が高ま』(ここでジングルが流れて番組打ち切り)”

【政治】 菅官房長官、写真週刊誌「フライデー」を批判 「事実と全く違う。ひどい記事だ」

NHK、何年か前にも安倍ちゃんと中川酒をこうやってはめようとしてたな。まだ残党が粘っているのか。
殲滅しろ!

(via irregular-expression)